欅坂46がロックフェスに出演!過去のセトリと見どころを紹介

いまや、アイドルという枠を超え多くの人を魅了させている欅坂46。

皆さんは、何がきっかけで欅坂46を好きになりましたか?

 

  • もともと坂道グループが好きだったから
  • 可愛い子が居て気になったから
  • 音楽番組を見て楽曲が気に入ったから

 

上記の他にも、理由は様々かと思います!

 

ちなみに私が欅坂46を好きになったきっかけは……

 

ロックフェスでパフォーマンスする姿に圧倒されたから

です。

 

おそらく私のように、「ロックバンドを見に来たはずなのに気が付いたらアイドルが一番印象に残ってた……なんて人も居るのではないでしょうか!?

 

そこで今回は、欅坂46がフェスでみせるロックバンドに負けない魅力をお伝えしたいと思います!

また、今年の夏フェスに向けて予習が出来るようにセトリも紹介しますね!

 

スポンサーリンク



欅坂46が出演しているフェスってなに?

まず、欅坂46が今までどんなフェスに出演してきたのかを紹介します!

あやなつあやなつ

ここで言うフェスはロックバンドが多く出演しているものに限っているよ!

 

『ROCK IN JAPAN FES.』

引用:http://rijfes.jp/

『ROCK IN JAPAN FES.』は毎年8月に行われる国内最大規模の夏フェスです。

欅坂46は2017年に初出演を果たし、翌年も連続して出演しています!

あやなつあやなつ

今年も8月4日に出演が決定したよ!

 

近年はモーニング娘。や私立恵比寿中学などのアイドルも出演をしていますが、8割は邦楽ロックバンドです。

 

『COUNTDOWN JAPAN』

引用:http://countdownjapan.jp/

『COUNTDOWN JAPAN』は毎年年末に行われる屋内最大級のフェスです。

欅坂46は2016年に初出演し、その後も連続して出演しています!

上記の『ROCK IN JAPAN FES.』と主催者が同じで、こちらも8割は邦楽ロックバンドが出演しています。

 

『SUMMER SONIC』

引用:http://www.summersonic.com/2017/news/

『SUMMER SONIC』は毎年夏に千葉と大阪で行われるフェスです。

欅坂46は2017年に出演しています!

『SUMMER SONIC』は洋楽アーティストが多いことから、かなりコアなロックファンが多い印象です。

 

『イナズマロック フェス』

引用:https://inazumarock.com/2018/

『イナズマロックフェス』は西川貴教さんが主催の滋賀県で行われているフェスです。

欅坂46は2018年に出演しました!

ロックバンドはもちろん、お笑い芸人も出演するなどバラエティに富んだフェスになっています!

 

スポンサーリンク



ロックフェスでみせる欅坂46の姿とは?

上記で紹介した通り、欅坂46は様々なロックフェスに出演しています。

中でも、ROCK IN JAPAN FES.とCOUNTDOWN JAPANは連続出演しており、常連アーティストのポジションになりつつあります!

 

そこで、ここからはその『ROCK IN JAPAN FES.』と『COUNTDOWN JAPAN』に内容を絞り、欅坂46のパフォーマンスの様子を紹介します。

あやなつあやなつ

私が実際に観た感想・レポも合わせて紹介しますね!

 

観客は約4万人!?真夏の野外で欅坂46が“熱い”パフォーマンスを魅せる!!

引用:https://rockinon.com/quick/rijfes2018/detail/178605

『ROCK IN JAPAN FES.』には2017、2018と連続で出演し、今年も8月4日に出演が決定しています!

欅坂46のステージはGLASS STAGEという最も大きいステージで、広さは東京ドーム約4個分、人数にすると約4万人もの人がそのアーティストを観ることが出来ます。

 

そのステージに立てるだけで凄いことなのですが、なんと欅坂46は毎年トップバッターを務めているのです。

 

トップバッターはその日のお客さんの熱量を上げるための重要な役割です。

言ってしまえば、フェスでの欅坂46の立ち位置は❝アウェー❞になります。

挑戦者的立場の欅坂46が最も大きいステージのトップバッターを務める……

ロックフェスなのにアイドル?」と多くの人が思ったはずです。

 

そのような中で彼女たちは一体どのようなパフォーマンスをみせたのでしょうか?

 

『ROCK IN JAPAN FES.』の出演レポはこれだ!

引用:https://rockinon.com/quick/rijfes2017/detail/165051

あやなつあやなつ

私が実際に観た2017年と2018年の様子をお伝えします!

 

『ROCK IN JAPAN FES.2017』のグラスステージのトップバッターは初出演の欅坂46

私は『不協和音』をきっかけに欅坂46に興味を持っていたので念のためにアルバムを借り、予習をして行きました!

 

……といってもアイドルだし、表題曲のオンパレードで無難なステージなんだろうな」なんて思いを抱きつつ当日を迎えたのを覚えています。

 

『サイレントマジョリティー』から始まったそのステージは一糸乱れぬダンスに「凄いな~」と思いつつ……

サイマジョはみんな知ってるからそりゃ盛り上がるよね」なんてひねくれた事を思っていました。(笑)

 

しかし、2曲目から度肝を抜かれました。

  • 『語るなら未来を…』
  • 『大人は信じてくれない』
  • 『月曜日の朝、スカートを切られた』
  • 『エキセントリック』

立て続けにカップリング・アルバム曲が続いたのです。

 

表題曲を続けて観客に印象付けるものだと思っていましたが、彼女たちはそれをせず、ありのままの欅坂46の世界観をみせてくれたのです。

あやなつあやなつ

あ、普通じゃない」と率直に思いました。

 

しかし、それで終わらないのが欅坂46です。

『危なっかしい計画』では、今までのクールな表情とは打って変わって弾けるような笑顔、そして観客への煽りを見せたのです!

これこそ、ギャップ萌え!ではないですか?(笑)

志田愛佳さん(現在は卒業)の煽りが本当に良くて今でもその光景は思い出されます。

あやなつあやなつ

こんな風に明るい曲もやるんだな、色んな引き出しがあって面白いという感想です。

 

最後は『不協和音』でバコーンと再び欅坂46ワールドに観客を引き込み、その初出演のステージを終えました。

 

という訳で、私はこれがきっかけで完全に欅坂46の世界観にはまったのです。(旦那もこれ以来どっぷりはまってます)

クールさだけじゃない、アイドルらしい一面はライブを見ないと知ることが出来なかった事実です。

 

引用:https://rockinon.com/quick/rijfes2018/detail/178605

翌年の『ROCK IN JAPAN FES.2018』のグラスステージのトップバッターも欅坂46が務めました!

昨年の夏以降から欅坂46の様々なライブにも行けるようになったので、「去年の私のようにフェスがきっかけで欅坂46を好きになってもらいたい!そんなステージを頼む!!」という思いで挑んでいました。

 

1曲目は『二人セゾン』

あやなつあやなつ

攻めてるな…!!

『サイレントマジョリティー』でもなく、音楽番組で多く披露されていた『ガラスを割れ!』でもなく、バレエ調のダンスが見どころの『二人セゾン』を持ってきたのはとても意外でした。

そして、そのまま続いたのは……

  • 『エキセントリック』
  • 『もう森へ帰ろうか?』
  • 『避雷針』
  • 『アンビバレント』
  • 『AM1:27』
  • 『東京タワーはどこから見える?』

……あれ?単独ライブにでも来てるのか?と思らずにはいられないセトリですよね!?

 

『エキセントリック』~『避雷針』で欅坂46のクールでダークな部分が表現されていますね。

そして、『アンビバレント』(この時はまだ未発売)~『東京タワーはどこから見える?』でクールなダンスを表現するセトリ構成になっています。

たった6曲の間ですが、これぞ欅坂46!!という部分を『ROCK IN JAPAN FES.』に来ているお客さんに見せることが出来たのではないでしょうか?

 

さらに、終盤は『風に吹かれても』『危なっかしい計画』『ガラスを割れ!』による前半とは違う楽しい欅坂46をみせ、そのステージ終えました。

 

『ROCK IN JAPAN FES.2018』ではしなやかなダンス~ダークな表現~クールなダンス~ハッピーな表情というようなセトリ構成になっています。

短いながらも色々な顔をもつ欅坂46を知ってもらえたステージになったのではないでしょうか?

トップバッターの重圧は計り知れません。

しかしそれを堂々とこなす彼女たちの姿にいつも圧倒されます!!

 

『ROCK IN JAPAN FES.2017』 セトリはこれだ!

Overture

  1. 『サイレントマジョリティー』
  2. 『語るなら未来を…』
  3. 『大人は信じてくれない』
  4. 『月曜日の朝、スカートを切られた』
  5. 『エキセントリック』
  6. 『二人セゾン』
  7. 『世界には愛しかない』
  8. 『危なっかしい計画』
  9. 『不協和音』

 

『ROCK IN JAPAN FES.2018』 セトリはこれだ!

Overture

  1. 『二人セゾン』
  2. 『エキセントリック』
  3. 『もう森へ帰ろうか?』
  4. 『避雷針』
  5. 『アンビバレント』
  6. 『AM1:27』
  7. 『東京タワーはどこから見える?』
  8. 『風に吹かれても』
  9. 『危なっかしい計画』
  10. 『ガラスを割れ!』

 

年末最大の屋内フェスで欅坂46が1年を締めくくる!

引用:https://rockinon.com/quick/cdj1617/detail/153804

年末に行われるCOUNTDOWN JAPAN』は2016、2017、2018と3年連続で出演しています!

2016年はデビュー後の初ワンマンライブが12月24日~25日に行われ、そのわずか3日後にロックフェス出演を果たしています!

 

欅坂46は毎年初日に出演する傾向があり(毎年12月28日~31日に開催)、初日はなかなか仕事の都合で行けないんですよね…

そのため2017年は断念したのですが、2018年は私の仕事が休みだったので旦那を置いて1人で行ってきました。(笑)

 

『COUNTDOWN JAPAN1819』の出演レポはこれだ!

引用:https://rockinon.com/quick/cdj1819/detail/182786

『COUNTDOWN JAPAN1819』のEARTHステージ(最も大きいステージ)のトップバッターを務めた欅坂46。

怪我のため、平手友梨奈さんは不在です。

 

『アンビバレント』から始まったそのステージは一気にボルテージが急上昇!

センター部分は空いたままのパフォーマンスでしたがフロントメンバー4人の大きな動きが見ものでした。

 

そのまま……

  • 『もう森へ帰ろうか?』
  • 『避雷針』
  • 『エキセントリック』
  • 『I’m out』

と続きます。

夏フェスと同じで、中盤に欅坂46の世界観をがっつりと持ってきていますね

あやなつあやなつ

エキセントリックは土生ちゃんがセンターだったよ!

 

そして……

  • 『二人セゾン』
  • 『風に吹かれても』
  • 『ガラスを割れ!』

徐々にテンションを上げていき、『ガラスを割れ!』ではお客さんの熱量も最高潮に!

1年を締めくくる素晴らしいパフォーマンスでしたし、平手友梨奈さんの不在という不安を払拭するようなステージでした。

 

COUNTDOWN JAPANは屋内フェスですので、照明の効果も相まってさらにステージ上での表現力が増して見えます。

夏フェスと比べると1年の総まとめといったようなセトリですが、短いセトリの中でもダークな欅坂46と楽しい欅坂46の二面性はしっかりと伝わってきています。

 

『COUNTDOWN JAPAN1617』 セトリはこれだ!

Overture

  1. 『サイレントマジョリティー』
  2. 『大人は信じてくれない』
  3. 『語るなら未来を…』
  4. 『キミガイナイ』
  5. 『手を繋いで帰ろうか』
  6. 『二人セゾン』
  7. 『世界には愛しかない』

 

あやなつあやなつ

最後にセカアイで爽やかに終わっているね!

 

『COUNTDOWN JAPAN1718』 セトリはこれだ!

Overture

  1. 『風に吹かれても』
  2. 『東京タワーはどこから見える?』
  3. 『月曜日の朝、スカートを切られた』
  4. 『キミガイナイ』
  5. 『大人は信じてくれない』
  6. 『君をもう探さない』
  7. 『避雷針』
  8. 『エキセントリック』

 

あやなつあやなつ

この時の避雷針は平手キャッチを志田さんがやった伝説のライブです。それ以降は見られていません。

 

『COUNTDOWN JAPAN1819』 セトリはこれだ!

Overture

  1. 『アンビバレント』
  2. 『もう森へ帰ろうか?』
  3. 『避雷針』
  4. 『エキセントリック』
  5. 『I’m out』
  6. 『二人セゾン』
  7. 『風に吹かれても』
  8. 『ガラスを割れ!』

 

スポンサーリンク



欅坂46がロックフェスでも人気な理由って?

引用:https://rockinon.com/quick/rijfes2018/detail/178605

私が実際に見て思った内容になりますが、欅坂46がロックフェスでも人気な理由は以下のように思います。

  • 世間が持つ欅坂46のイメージをそのまま体感できる
  • 世間がイメージしていない「可愛い」「明るい」欅坂46を見ることが出来る
  • 欅坂46の世界観に引き込まれたら表題曲以外の曲でもスッと物語のように受け入れられる
  • 1曲1曲というよりも、セトリ全体の流れがまとまっておりパフォーマンス全体の印象として頭に残りやすい

 

セトリが物語のようにつながっているため、「あの曲が良かった~!」というよりも、「欅坂46良かった!!」となりやすいと思うんです。

 

もちろん、世間に対する強いメッセージ性を歌っていることや、ダンススキルが高いことも人気の1つです。

 

しかし、「初めてライブを見る人にとって印象に残るライブをするには?」を考えたときに……

たった1曲の表題曲よりも、全体の雰囲気を気に入ってもらい「欅坂46の全体のパフォーマンスが良かった」と言ってもらえる方がきっと嬉しいですよね。

 

フェスの短い持ち時間の中で欅坂46はギュッと物語を構成していることが、欅坂46がロックフェスでも人気である大きな理由の1つなのではないかと考えています。

 

ロッキンオン社 社長 渋谷陽一氏の言葉とは?

引用:https://rockinon.com/quick/cdj1819/detail/182786

ロッキンオン社は『ROCK IN JAPAN FES.』と『COUNTDOWN JAPAN』を企画制作している会社で、その社長が渋谷陽一さんです。

フェスでは一番手のステージが始まる前に“朝礼”といわれる、代表の方からのフェスに対する意気込みを聞く時間が設けられています!

『ROCK IN JAPAN FES.』ではGLASSステージ、『COUNTDOWN JAPAN』ではEARTHステージの朝礼を社長の渋谷陽一さんが行っているのです。

 

つまり、欅坂46はほぼ1番手ですので、メンバーはいつも社長の言葉を受けステージに向かうのです。

あやなつあやなつ

いや~~プレッシャー倍増!!

 

そんな中、『COUNTDOWN JAPAN1819』で聞いた渋谷陽一さんの言葉が印象的だったので紹介します。

 

彼女たちがロッキングオンのフェスに出演するのは5回目。

もはや欅坂46にとって、ロッキングオンのフェスはホームと言っても良い。

これって最高の褒め言葉じゃないですか?

ロックフェスにアイドルは必要ないと言われることもあったと思います。

それがいまや欅坂46は多くのロックファンにも愛され、求められている存在になっているということです。

 

欅坂46のメンバーも嬉しかったに違いありません!

 

スポンサーリンク



欅坂46がロックフェスに出演!過去のセトリと見どころを紹介の記事まとめ

引用:https://rockinon.com/quick/rijfes2018/detail/178605

今年の夏も『欅共和国2019』を皮切りにスタートしました!

もうロックフェスは❝アウェー❞ではありません

ホーム❞で堂々としたパフォーマンスをみせ、新たにトリコになる人を増やしてくれると信じています!

 

……今年の『ROCK IN JAPAN FES.』は欅坂46とは別の日のチケットを買ってしまったので皆さんの感想お待ちしております!!!

 

<2019年08月04日追記>

『ROCK IN JAPAN FES.2019』の2日目に出演した欅坂46のセトリがわかりましたので、以下の記事も御覧くださいね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

以上、『欅坂46がロックフェスに出演!過去のセトリと見どころ紹介』の記事でした。

 

アイキャッチ画像の引用:https://rockinon.com/quick/rijfes2017/detail/165051

 

この記事を書いた人

あやなつ

ライター初心者のアラサー主婦。千葉県出身都内在住。夫婦で音楽オタクです。

泥臭いロックが好きだった10代~20代前半。 いつしかアイドルの一生懸命さに胸打たれるようになり、自分の歳を考えるようになりました。

普段からTwitterでポツポツと呟いております→→→ @ayanatu46

スポンサーリンク